名張の放置空き家ゼロを目指して。サンシホームサービスは空き家・空き地問題に本気で取り組む会社です。

『LDK』のカタチ ①

LDKはリビング・ダイニング・キッチン

組合せ方により様々な形が考えられます。



どの形が過ごしやすく、過ごし

にくいかは広さや窓、ドアの位置に

加え家族構成やライフスタイル、

ライフステージにより違ってきます。

 


1)一つの空間にLDKが配置

●家具のレイアウトを工夫し

それぞれの場所で使用する物の

「指定席」を決め、LDKそれぞれに

必要なスペースを確保することが必要



●オープンなスペースのため

移動に無駄な動きをしなくて済むが

家具の大きさや生活用品の多さで

人の動きが妨げられないよう注意が必要



●料理しながら子供を見守り、

家族や来客との会話を楽しめる反面、

雑然としがちなKがLDから丸見えのため

「見せる」場所と「隠す」場所を

はっきりさせておくことが大切

 


2)LとDKを分離した配置


●比較的物の指定席が決めやすいが

DKの収納スペースにより物の量の

制限や収納方法に工夫が必要となる



●DKが一体のため「料理➡配膳➡

食事➡後片付け」がスムーズに行える

しかしダイニングセット、食器棚、

家具などの大きさや配置により

使いづらい場所にもなりやすいため

動線や人の動きに必要なスペースに

十分な配慮が必要



●LがDKと分離しているが一つの空間の

ため、コミュニケーションがスムーズな

上、リビングで落ち着いてくつろぐことが

できる。但し、LDK同様「見せる」と

「隠す」場所をはっきりさせておく

ことが必要