名張の放置空き家ゼロを目指して。サンシホームサービスは空き家・空き地問題に本気で取り組む会社です。

キッチンが片付かない原因

キッチンは、家の中で

「片付かない場所」の1位です。

 

小さな爪楊枝から大きな冷蔵庫まで

限られた空間の中にめいっぱい

「詰まっている」

 

家の中のどの場所よりも物の種類や

数が多すぎる。


そんなことが原因になっていると

思われます。

 

「片づけなきゃ」と思いながらも

日々繰り返される調理に片付ける

タイミングがつかみにくいことも

理由の1つです。

 

でも…ちょっと待った!

使う側が原因をつくっているって

こともありますよ。

 

その代表的な例をまとめてみました。


①片づけることをあきらめている


②物を"死蔵化"させてしまっている


③使っていると思い込んでいる物が多い


④「コレ便利そう!」と

                        買ってしまった物がある


⑤収納場所=指定席の決め方に

                                    ついての知識不足


⑥収納スペースを使いこなす知識の不足

 


「片づけることをあきらめている」原因


・作業スペースの上が

     調理道具や調味料でいっぱい


・ごみ箱が冷蔵庫の開閉を

    邪魔する 位置にある


・片づかないのは「収納も少なく

    動きづらいキッチン」のせい      



これらの3つの解決策として

「ワークトライアングル」を見直します。

 


正三角形にこだわらなくても

二等辺三角形や直角三角形でOK。

 

ワークトライアングルの長さが

3600㎜より短い場合は調理や収納が

不足しがちになるので

 

キッチン内に収める物を必要最小限の

物にし家電、食品、食器等をダイニング

回りに振り分けます。

 

可能であれば、冷蔵庫をキッチンの

外に配置するとダイニングやリビング

からも使いやすくなります。

      

現状のキッチンをリフォームとまでは

いかなくても、冷蔵庫や収納位置を

変えるだけで、使いやすいキッチンが

作れます。

 

次回は、キッチンまわりの整理に

ついてお伝えします。