名張の放置空き家ゼロを目指して。サンシホームサービスは空き家・空き地問題に本気で取り組む会社です。

クローゼットとウォークインクローゼット

クローゼットとウオークインクローゼット

どちらがいいのかな?


新築の際、迷われた方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

      

クロゼットとウォークインクローゼット

それぞれの特徴をまとめてみました。

 


◆◇◆

クローゼット


①出し入れ:扉を "開けるだけ"

 

②収納スペース:クローゼット内全体

 

③家具の配置:扉が大きい分

                            配置が "  限られる"

             壁が一面 "減る"

 


折れ戸の場合は特に

扉の開閉スペースを考慮し

家具を配置する必要があります。




4面ある部屋の壁にそれぞれ

ドア・腰窓・掃き出し窓が配置され




残る一面にクローゼットを設置すれば

さらに家具の配置に工夫が必要です。

 

 

◆◇◆

ウォークインクローゼット

①出し入れ:中に入って出し入れするため                              ワンアクション "増える"

 

②収納スペース:通路分のスペースが

                                 引かれる

 

③家具の配置:ドアのみのため

                             配置が "しやすい"

 

中に通路がある分、

部屋のスペースを取られますが



部屋が狭くなったとしても

家具の配置がしやすいなど

どちらのタイプにも一長一短あります。

 


クローゼットは

家の中で片付かない物No.1の洋服を

収める場所です。

 


取り敢えず「ここに収納」でもなく

「提案されるまま」でもなく



自分たちの住まい方に合うのは

どちらのタイプなのか



快適な生活を想像しながら

選んでみてください。